自営業者が借りるならば銀行よりも消費者金融が審査に有利

MENU

自営業者が借りるならば銀行よりも消費者金融が審査に有利

金融機関でお金を借りる時には、安定した収入と継続的な勤務が条件となっています。サラリーマンならば継続して会社に勤めている事で、これらの条件を満たす事は比較的簡単です。
一方自営業者となると、一般的には審査に通り難いという側面もあるようです。それでもそれは銀行カードローンの申込みが多く、消費者金融では自営業者であっても審査に通る事が多いという事です。

 

アコムやプロミスのような大手消費者金融では、安定して継続的な収入が証明できれば自営業者でも審査に通る事が可能となっています。いくつかの銀行カードローンの審査に通らない場合には、消費者金融の利用を考えてみると良いです。

 

 

【カードローン審査で必要な一定基準とは】

 

それぞれの金融機関では独自の審査基準があり、審査に通る事ができる所もあれば、反対に落ちてしまう所もあります。それでもどこの金融機関でも共通な一定の基準があるのです。

 

  1. ●勤務先や年収、勤続年数、正社員やアルバイト等の雇用形態
  2. ●持ち家か借家かの居住環境や居住年数
  3. ●他社からの借入れ状況や個人信用情報機関での事故記録

 

審査には以上の事に重点を置かれますが、職業については公務員や大手企業に勤めている人は有利となります。また年収に係わらず自営業者や中小企業に勤めている人は、それよりも不利になるようです。
雇用形態についても正社員が最も有利になると言えますが、派遣や契約での雇用となっている人でも審査に通る事はできます。職業に関しては銀行カードローンの方がやはり厳しいと言えますので、自営業者の人は消費者金融の方が審査に通りやすいと言えます。

 

特に銀行カードローンでは10万円からの融資となっている銀行も多く、高額での借入れも可能になる事で、審査は消費者金融と比べてより厳しくなります。

 

 

【自由度の高い消費者金融】

 

銀行よりも金利が高いという事実がありながらも、多くの人が消費者金融を利用するメリットと自由度の高さにあると言えます。その場合でも借入れができる金額は初回の利用ならば50万円以下という少額となっている事が多いです。それでも最低年収の制限がなく職業を選ばない事から利用しやすい金融機関と言えます。

 

消費者金融は銀行よりも少額借入れに向いていますが、それでも借入限度額を増額して貰う事は可能です。
一定の期間が過ぎると審査に通れば更に大きな金額を借入れする事ができるようになります。

 

 

【大手消費者金融のアコムとプロミスについて】

 

消費者金融の中でも有名なアコムとプロミスは銀行カードローンの保証会社にもなっていて、審査も行っている会社です。それは審査の迅速さや長年蓄積されて来た個人向け融資の豊富なデータやノウハウが、銀行からの信頼を集めているという事が言えます。
アコムやプロミスでは初めは10万円程度の利用限度額が付けられている場合でも、収入証明書の提示等で増額をして貰える可能性もありますので、まずは交渉をしてみると良いです。

 

即日キャッシング